化学・材料コース

修士論文 中間発表会

先週、大学院の工業化学専攻の修士論文報告会が開かれました。生命環境化学科および工業化学専攻では、3週間に渡り、怒涛の発表会ラッシュが続いていたのですが、これが最後、クライマックスになります。

修士論文とは、大学院の博士前期課程(修士課程)の修了時に提出するものです。最終的には、来年の2月に口頭発表による審査会があり、合格ならば修了になります(大学院では「卒業」とは言わない)。そして、今回は、その博士前期課程の3/4期が終了したことになる2年生(M2)が、中間発表会をポスター形式で行いました。

工業化学専攻の主任による開会の挨拶のあと、5研究室から8名の学生が発表しました。発表者は90分間、ポスターの前に立ち続け、来る人来る人に説明し、議論し、アドバイスをもらい、褒められたり、叱られたり、と汗をかきながら頑張っていました。

発表者は学生や教員に囲まれています。電気電子コースの先生も参加して下さいました。

聞く方だって真剣です。

終了時間なのに、熱い指導が終わりません。。。

卒業研究 ~ 中間発表会&配属説明会&懇親会

化学・材料コース オープンキャンパス(4)

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP