化学・材料コース

鉱物標本を譲り受けました。

無機材料化学担当の松本です。数年前に工芸大の生命環境化学科を定年退職されて、現在、非常勤講師として講義をして頂いている澤田豊先生から、「鉱物・岩石標本」を譲り受けました。

まだ全部をチェックできていないのですが、いろいろあります。その美しさから目に留まったものをいくつか紹介しましょう。

まずは、ルチル(金紅石)。二酸化チタン(TiO2)の結晶の1つだそうです。水晶の中にルチルが入ったルチルクォーツはパワーストーンのショップでもよく見かけますね。ルチルの結晶は金色できれいです。

次は、輝水鉛鉱(きすいえんこう)。二硫化モリブデン(MoS2)の結晶だそうでう。これは岩手県の宮古市の産出です。シリコンの結晶のように光沢のある美しい灰色です。しかし、慎重に扱わないと、劈開します(はがれてしまう)。

次は、有機鉱物である石炭です。黒光りしていて美しいです。産出場所は北海道の釧路市です。

最後は、左は黄銅鉱(CuFeS2、足尾鉱山産出)、右は黄鉄鉱(FeS2、秩父鉱山産出)です。石の中にキラキラした金色の結晶が含まれていると思います。

しかし、黄鉄鉱に関しては、私のコレクションの方が美しいです。ア〇〇ンで中国の方から購入しました。200g(写真のキューブ2cm角が7粒)もあって、たったの2500円!

今後の授業、特に、3年生向けに開講する「無機材料化学」などで、活用していきたいと考えています。

澤田先生、ありがとうございました。

化学実験「ポスター発表会」

修士論文発表会2019

大学公式サイトはコチラから
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP