建築コース

大型乱流境界層風洞を紹介します!

本学建築コースでは”風”に関する研究が活発に行われています。

今日はたくさんある実験施設の中から大型乱流境界層風洞をご紹介します。

この風洞の中に設置された都市・建物の模型に風をあてて様々な実験をします。

ビル風や風により建物に生じる力などを実際に測定するために、年中フル稼働している重要な実験施設です。

オープンキャンパスでは強風体験もできますので、見たことがない人は是非!

田村裕希准教授(新任)設計の「考古学者の家」がGAギャラリーに出展中

Kougei Architecture Factoryが 東京工芸大学 後援会長賞を受賞しました

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP