建築コース

教員の研究制作活動・業績

    【出版】田村裕希准教授が作家の角田光代さんのために設計した本棚が住宅特集2019年7月号に掲載されました。

    田村裕希准教授と共同設計者の松岡聡氏が設計した、作家の角田光代さんのための本棚が住宅特集2019年7…

    [ミドラボ] 団地再生デザインワークショップ

    3年生の設計演習で行なった、短期集中型のデザインワークショップ。空き家の目立つ緑ヶ丘団地の上層階に、…

    サニブラウン選手の感じる追い風2.4m/sとは

    先日,100m走の日本記録をサニブラウン選手が更新するか!?が話題となり,NHKニュース7から,彼が…

    TBSテレビ朝チャンの取材を受けました。

    2019年5月21日から22日にかけて寒冷前線の通過に伴い大気の状態が不安定になり,東海地方から関東…

    東京工芸大学 風工学研究センター, 共同利用・共同研究拠点「風工学研究拠点」のご紹介

    東京工芸大学 風工学研究センターは,文部科学省から「風工学研究拠点」として認定を受け活動しています。…

    科学研究費(基盤研究B)に採択されました!

    2019年度科学研究費(基盤研究B)に研究課題「モジュラータワーを持つ未来型風力発電設備の実…

    大型乱流境界層風洞を紹介します!

    本学建築コースでは”風”に関する研究が活発に行われています。今日はたくさんある実験施設の中か…

    田村裕希准教授(新任)設計の「考古学者の家」がGAギャラリーに出展中

    ‘50 houses by 50 architects’GA Houses Project 20…

    ドイツ・ベルリンのジードルンク(住宅団地)の調査

    授業のない長期休暇は、教員にとって貴重な研究期間です。ドイツ近代建築史を専門とする海老澤模奈人教授は…

    八尾廣教授の設計による作品「中原の家」が竣工

    建築学科の八尾廣教授が設計監理を行ってきた「中原の家」が竣工しました(本学非常勤講師の近藤尚…

    <出版>近現代モンゴルにおける都市化と伝統的居住の諸相

    建築設計計画研究室の八尾廣教授による共著が出版されました。文化人類学、社会学、歴史学、地理学…

  1. 団地のリデザイン作品展 〜 ミドラボ in Kosha33

    緑ヶ丘団地活性化プロジェクト「ミドラボ」がKosha33に登場!東京工芸大学は、平成30年1…

    建築学科4年生による「第4回あつぎの街!を考えるワークショップ」が開催

    2018年9月12日、アミューあつぎ8階市民交流プラザにて、「第4回あつぎの街!を考えるワークショッ…

    八尾研究室によるモンゴル国ウランバートル市ゲル地区の調査が行われました

    建築学科八尾研究室ではモンゴル国ウランバートル市の都市・住宅問題に焦点を当て継続して実態調査…

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP