建築コース

<出版>近現代モンゴルにおける都市化と伝統的居住の諸相

建築設計計画研究室の八尾廣教授による共著が出版されました。文化人類学、社会学、歴史学、地理学、都市計画学、建築学を専門とする研究者が集まり、学際的研究を行う「ゲル地区研究会」による2年越しのの研究成果となります。滝口編著、八尾廣・坂本剛・佐藤憲行・松宮邑子・G・ロブサンジャムツ 著『近現代モンゴルにおける都市化と伝統的居住の諸相:ウランバートル・ゲル地区にみる住まいの管理と実践』(東北大学東北アジア研究センター叢書)。モンゴル国ウランバートルのゲル地区と呼ばれる居住区を主題とし、多面的に捉えた世界でも初めての論文集となります。一般書ではないため本屋さんでの販売はありませんが、今後大学図書館等でご覧いただけるようになります。

デザインリビュー2018冬(後期全体講評会)

八尾廣教授の設計による作品「中原の家」が竣工

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP