芸術学部 基礎教育

情報化時代のコミュニケーションを考える――いじめ、炎上、ネット依存を中心に――

こんにちは!基礎教育課程助教の小田です。

もうすぐ工芸祭(於:厚木キャンパス 日時:10月29日(土)、30日(日))ですね。楽しみにしていらっしゃる方も多いことと思います。準備で大忙しの方、身体を大事にしてくださいね。

さて、先だっての中野祭(於:中野キャンパス 日時:10月9日(日)、10日(月))には皆さん足を運ばれましたか?

中野祭では、9日(日)に基礎教育課程教授の大島武先生が「情報化時代のコミュニケーションを考える――いじめ、炎上、ネット依存を中心に――」というテーマで講演をなさいました。今回は、そのご報告をさせていただきます。


「インターネット」というものは、私たちの生活にあまりにも急速な変化をもたらしました。そこに、思いもよらぬ問題が発生しています。

皆さんの中にも、もしかしたら「こんな便利なスマートフォンは絶対に手放せない!」という方がいらっしゃるかもしれないですね。

大島先生は、そんな情報化時代のコミュニケーションを考える上で大切なことは何か、分かりやすく丁寧にお話しくださいました。

「情報化時代のコミュニケーションを考える上で大切なことは何か」。現代社会において、今後も常に自分自身に問いかけたい問題です。

今回の講演を聞き逃してしまった方は、ぜひ以下を参考になさってください。

【参考文献】

・スマイリーキクチ(2014)『突然、僕は殺人犯にされた ネット中傷被害を受けた10年間』竹書房

・大島武・寺島雅隆・畠田幸恵(2010)『ケースで考える情報社会 第2版 これからの情報倫理とリテラシー』三和書籍

リレー連載10月号:「ウサギと暮らす日々」

第7回ホームカミングデーと華輪会懇親会

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP