マンガ学科

工芸大マンガ学科企画協賛 『描く!』 マンガ展 高崎市美術館巡回展

「『描く!』 マンガ展」が、16年2月11日より群馬県高崎市美術館で開催されています(4月10日まで)。2015年8月の大分県立美術館を皮切りに、北九州市漫画ミュージアム(15年11月~16年1月)につづいての巡回です。
描く! マンガ展高崎会場エントランス

http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2015121300012/

マンガを「描くこと」という観点から見すえ、手塚治虫、石ノ森章太郎から、平野耕太、PEACH-PITまで13名のマンガ家の原画展示と、おのおのの時代で新しい才能を世に送りだしてきた媒体等の展示からマンガ表現史に迫るものです。


場所:高崎市美術館 〒370-0849 群馬県高崎市八島町110-27(JRほか高崎駅徒歩3分)
027-324-6125
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
入場科: 一般 600(500)円 大学・高校生300(250)円  ( )内は20名以上の団体割引料金


本展示は、本学マンガ学科伊藤剛准教授の監修によるもので、本学マンガ学科は『描く!』マンガ展の企画協賛を行っています。

会場一階・ラウンジには、本展に出品されているマンガ家の方々の単行本が置かれ、読むことができます。また同ラウンジの大学紹介コーナーがあり、本学マンガ学科の過去の卒業制作作品からセレクトした作品集を設置しています。マンガ家・イラストレーターとして活躍する卒業生の手によるものを含む作品たちを、ぜひ手にとってご覧ください(持ち出しはできません)。

関連ワークショップ、トークイベントのおしらせ
また、3月21日(月・休)には、本展監修者・伊藤剛准教授のワークショップと、京都精華大学ギャグマンガコース教授でマンガ家の田中圭一先生(本展では解説を担当されています)と伊藤准教授によるトークイベントが開催されます。参加希望の方は高崎市美術館まで電話(027-324-6125)
で事前申し込みをしてください。(満席になり次第締め切られます)

・マンガ家体験ワークショップ2「コマ割り実践講座」(高校生以上対象)
講師:伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学准教授)
日時:3月21日(月) 午前10時30分~
場所:高崎市南公民館(美術館と同じ建物)

・トークイベント「描く!」を読み解く
講師:田中圭一(マンガ家・京都精華大学准教授)、伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学准教授)
日時:3月21日(月) 午後2時~
場所:高崎市南公民館
※トークイベントの参加は無料ですが、展覧会を観覧される方は、別途観覧料が必要です。

マンガ学科 よしまさこ教授の猫マンガが電子書籍+コンビニ本に掲載されています!

【マンガ学科在校生の活躍】センバツ君イラストツイートが開始!

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP