インタラクティブメディア学科

手話ミュージックプロジェクト始動

IM学科の学生と東邦音大の学生とで音楽を使った新たな価値創出に取り組むプロジェクトを行っています。
手話を使ったパフォーマンス音楽ビデオを作ろうというものです。
ミュージックベンチャーIZENEの倉持武志氏やIM学科1期生の黒沢ダイスケ氏などとともに、手話ミュージックプロジェクトが始動しました。
サンケイビジネス
東邦音楽大学FELLOW倉持武志先生による特別講座
このプロジェクトは、聴覚障害を障害と捉えず、手話を一種のパフォーマンスととらえ、耳ではなく、体で感じ取る音楽制作を目指しています。
「ラップに乗せたリズミカルな⼿話のパフォーマンスが本当に格好良く、しかも社会性の⾼いものを作りたい」という共通の思いが、企業、⼤学、クリエイターを巻き込んでプロジェクトに⼈を惹き寄せています。
手話ミュージックプロジェクトを通して、学生は音楽や芸術を仕事にしていくためのスキルを学ぶとともに、芸術表現を社会貢献に値する価値に変換し社会に還元するプロセスを習得します。


インタラクティブ・サウンド・ノベル「蛍売りの森」再上映

東京行灯祭(川島商店街)へ出展

大学公式サイトはコチラから
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP