インタラクティブメディア学科

【展示のお知らせ】 インタラクティブアート研究室 『うれC たのC うつくC Cの秘密展』

本学科の准教授である浅野耕平先生と学科助手の美田 翼先生、インタラクティブアート研究室の皆さんの作品が島根県の浜田市世界こども美術館で展示されます!

717日(土)-926日(日)の開催となっておりますので、お近くの方はこの機会にぜひ!

展示作品紹介

作者名;浅野耕平
作品名 : くもり のち はれ ところにより
制作年 : 2021年

石見神楽の演目「鍾馗(しょうき)」をモチーフとしたインタラクティブ作品。鍾馗は疫神に茅の輪をかけて退治していく。全ての疫神が追い払われると、やがて雲が晴れ明るい光が降り注ぐ。

作者名;美田翼
作品名 : 回点 #2(かいてん)

制作年 : 2021年
ケプラーモーションを活用し、影と光の変化を楽しむインタラクティブ作品。円盤の上を転がる球の振動や、中央の穴に球が落下した衝撃をきっかけとして影と光の演出が変化する。

作者名;佐々木陽菜
作品名 : Asterism Casket Automata
制作年 : 2021年

星の瞬く夜空が季節ごとに移り変わる様子を一冊の本に纏めたインタラクティブ作品。オリジナルは手回しペダルで本をめくる仕様だが、今回の展示に向け、人を感知して自動で動く新バージョンを制作。

作者名;吉田凜之介
作品名 : Blooming
制作年 : 2021年

光センサーと映像を立体的に見せるホログラムの手法を活用したインタラクティブ作品。植木鉢に光が注がれると、文字通りの「花火」が開花する。それぞれの花は、季節ごとの「花」をモチーフに構成されている。

作者名;浦あかね
作品名 : 私の夢
制作年 : 2021年
部屋に向かって手を振ると魔法使いのようなきらめく光が現れ、部屋がお姫様仕様に変化する。あれもこれもと魔法をかけるが最後には、、、。
「もし魔法が使えたら」そんな願いを叶えるインタラクティブ作品。

作者名;齋藤舞
作品名 : 観賞者用信号機
制作年 : 2021年

赤、黄、青色の光を使った信号機。車両用、歩行者用、自転車用など様々あるが、この信号機は「観賞者用信号機」。信号機の前で手を振ることで、信号機の普段は見かけない動きを観賞できる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催概要
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
浜田市世界こども美術館
うれC たのC うつくC Cの秘密展
開催期間
2021年7月17日(土)-9月26日(日)
開館時間/ 午前9:30~午後5:00
休 館 日:7/19(月)、9/6(月)、9/13(月)、9/21(火)、9/24(金)
会 場/浜田市世界こども美術館 5-4階 企画展示室
会場
浜田市世界こども美術館
〒697-0016島根県浜田市野原町859-1
TEL.0855-23-8451 FAX.0855-23-8452

>>>>> 美術館のホームページはこちらから! <<<<<

近藤先生とRhizomatiksの真鍋大度さん、長谷川愛さん、阿部一直さんが対談しました!

大学公式サイトはコチラから
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP