ゲーム学科

ハードも電子データ化

今回、Microsoft HololensのSpecator viewの構築で新しいと思ったのが、ネットに公開されているデータとしてプログラム用のコードとは別に3Dプリンター用のデータもアップされていたことです。

これにより、上記のデータから3Dプリンターで出力してマウント部分を構築するというのは、新しい時代を感じました。

https://github.com/Microsoft/HoloLensCompanionKit/tree/master/SpectatorView/Hardware

こんな感じで出力できました!

ゲーム制作応用 第1回企画発表会

6月4日にAO入試説明会が開催されました

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP