アニメーション学科

1年生授業アニメーション表現基礎(表現基礎)

1年生のアニメーション表現基礎(の表現基礎)は【立体ゾートロープ制作】です。
立体ゾートロープとは以前制作したおどろき盤の立体造形バージョンです。
各班ごとに粘土や素材を使いながら、少しづつ異なる動きをつけたキャラクターなどを制作しています。

細かいパーツを職人のごとく切り出しています。

ふぐ??
立体物が動いて見えるようにするには、同じ形状で少しづつ動きをつけたものを作り出す必要があります。そのため同じもの(に見えるもの)がこれだけ多く必要になります。

台座の部分でしょうか。ストローなども上手く活用しています。

完成が楽しみです。

アニメーションの世界/才田俊次 「セロ弾きのゴーシュ」展

3年生授業(専門技法)

大学公式サイトはコチラから
オープンキャンパス
KOUGEI PEOPLE 東京工芸大学 学科・コースブログ集

最近の投稿

アーカイブ

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP