ゑ藤研究室 前期成果展

グラフィックデザイン領域のゑ藤です。
ゑ藤研究室では前期の研究成果を研究室内で展示しました。

この前期は、まずは学生個人の興味関心を発見するために  5週間のワークショップを行いました。
そこで発見した種を、その後の10週で作品化しています。

結果としては、ポスターや本などのオーソドックスなメディアもあれば
映像と平面の混合や、空間を大きく利用した作品など  多様な作品が生まれました。
内容も、機能的なものや社会的なテーマを扱うものがある一方、
アートワークとして強度を持った作品も多く、それぞれの個性が見えたことは良かったと感じています。
ただし、好き勝手あれば良いわけではないのが  デザインの難しいところ。
後期課題は前期に発見した自分の視点や表現を  実際的かつ統合的な仕事へと落とし込んでいきます。

後期も研究室内で展示予定です。  改めて成果をご報告できればと思います。

細川先生制作「DINO!」

直流安定化電源

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP