複合材料研究会:オンライン開催

電気電子コースの豊田です。光学設計研究室では、4年生と大学院生の研究成果の発表のため、8月と12月に「複合材料研究会」に参加しています。この研究会では、例年、群馬大学、静岡県立大学、電気通信大学、弘前大学や東京工芸大学から80名を超える大学生・大学院生が草津温泉に集まり、各々の研究について発表や議論を行います。会場の手配、プログラム作成、議事進行から懇親会の準備まで、運営全てを学生の皆さんが主体的に行っている特徴のある研究会です。

今年度は、コロナ禍の影響で対面での開催は中止となりましたが、代わりに、Zoomによるオンライン会議形式で研究会を行いました。研究室からは、4年生7名と大学院生2名が参加しました。下の図は、大学院1年生の脇さんが発表している場面のスクリーンショットです。

オンラインの会議では、発表資料はよく見えるし音量調整も自由にできます。発表を視聴する環境は、対面会議と同等以上と感じました。そのためか、学生からの質疑応答はなかなか活発な印象でした。しかし、普段の環境から離れた自然の中で、温泉や懇親会など寝食をともにして他大学の皆さんと交流を深めることは、4年生にとっては貴重で楽しい体験なはずです。このような困難な状況でも、学生の教育を大切に考え、オンライン開催に尽力された複合材料研究会の関係者の皆様に感謝するとともに、コロナ禍の早い沈静化を切に願っています。

映像情報デザイン1(モーショングラフィクス)授業風景

オンライン女子会

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP