デザインCADⅠ

デザインCADⅠではプロダクトデザインで利用されているRhinocerosを使って、デジタル上で立体を作るスキルを身につける授業です。主に空間プロダクト領域に進む学生を対象としていますが、他領域の学生も受講しています。

授業の中では3Dプリンタでの出力を経験する課題も設定しており、今年度も学生が各自で自由にモデリングした作品を学科内の3Dプリンタで出力しました。画面の中で作ったものが実際に手で触れる形になることでアイデアを具体的に検証するサイクルが生まれ、作品制作の幅が広がってきています。

この授業での経験を生かして、3年生以降の研究室課題や卒業制作で3Dプリンタを制作に利用する学生が(空間プロダクト領域以外からも)増えてきました。

 

リレー連載「バウハウス100周年」

2019年度 おもしろ理科教室(2)

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP