2019年日本液晶学会 液晶討論会にて大学院生5人がポスター発表

9月4日から6日にかけて筑波大学で開催された2019年日本液晶学会 液晶討論会において、バイオミメチック材料研究室の大学院生5人(大谷悠太君(M1)、田島滉太君(M1)、大村拓矢君(M2)、平汐莉君(M2)、星野優香君(M2))が、「核磁気共鳴装置を用いた液晶のダイナミクスの研究」や「液晶エラストマーを用いた人工筋肉に関する研究」などについてポスター発表を行いました。

化学・材料的『KOUGEIカラーサイエンス&アート』 vol.1

検討会・反省会

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP