インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2018

アニメーション学科は今年も学生アニメーション映画祭インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)に参加します。

参加作品は以下の通りです。今回は全て昨年度の卒業制作を選出しました。
1)柴田 渓・新 誠太郎/draw
2)佐藤 いよ/ナクシモノはこっち
3)石塚 理央/Rosetta
4)石川 昇/MELOGRYPH The Journey
5)小西 宙矢/Try
6)田中 和希/まま
7)渡辺 未來/失恋
8)面迫 俊彰/AKEVITT

上映はGプログラムで、武蔵野美術大学と同じプログラムになります。
[講堂]9/29(土) 16:10~17:40
[研修室]9/28(金) 14:00~15:20
*工芸大は先の上映です。作品の時間は約40分あります。

インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2018
開催日程:9月27日(木)〜30日(日)
会場:国立新美術館3階講堂・研修室(東京都港区六本木7丁目22−2)
公式サイト http://www.icaf.info

リレー連載「授業紹介 外国文学 アートの源泉としての文学」

橋本研究室「まにわ映像フェスティバル2018」アニメーションマッピング

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP