4年生のゼミ紹介その4!小林研究室(視覚コミュニケーションゼミ)!

4年生のゼミ紹介その4!小林研究室(視覚コミュニケーションゼミ)!

小林紀晴先生率いる、視覚コミュニケーションセミでは、テーマや場所などゼロから学生同士で話し合い、写真展を行います。作品を作るだけではなく、写真展を作り上げる過程から様々なことを学びます。そして写真展や作家、映画などの書評を書くなど文章を書くことが多いのも特徴です!

前期には、4週間ほどかけて、写真家『古屋誠一研究』(工芸大卒業生)を行いました。若くして渡欧し、現地で出会った女性と結婚し、その生涯を死の瞬間まで撮り続け、『メモワール』という写真集を何冊も編む孤高の写真家。

写真とは? 異国で生活するは? 男と女とは? 妻を撮る意味とは? 人生とは? 同じタイトルの写真集を作り続けるのは何故? 私的であればあるほど、人が生きるうえで大切で普遍的な問いが次々と湧いてきます。

仕上げとして、一般のカルチャー雑誌に掲載されることを想定した1,000字ほどの書評をゼミ生、全員が書きました。読者の存在を強く意識するためです。読書感想文と何が違うの? 戸惑いつつも、初めて読者側から考えることを体感しました。書きあがったものを小林が添削。どの書評も真っ赤になりましたが(苦笑)、赤くなればなるほど、次につながります!!

今後も写真展評、映画評などに挑戦していきます。

まだまだ、書く行為による「思索の訓練」は続きます・・・・。

#tokyopolytechnicuniversity#photography#art#tokyo#japan#kiseikobayashi#東京工芸大学#芸術学部#写真学科#芸術#写真#東京#日本#写真#小林紀晴

7月15日(日)16日(月祝)オープンキャンパス!

機械コース紹介

大学公式Webサイトで
工学部・芸術学部の詳細を見る

PAGE TOP